会員Bさん

 

[入 門 日] 2010年2月下旬

[段   位] 二段

[職   業] チンドン屋

[合気道以外の趣味] 子どもと遊ぶこと、自然とふれあうこと、写真を撮ること


Q1. 道場の門を叩いたきっかけは?

2010年大阪で出会ったプロの芸人さんの影響で柔術を学びたくなり、また、自分自身の肩の力をぬくことを学びたく入門しました。
黒木先生(故)に心からちかったことは、自分がプロの芸人に成長していくこと。そのために合気道に精進しようと考えています。


Q2. 見学・入門の際の印象はどうでしたか?

道場ということで、とっても緊張して伺ったんですが、とても先生や兄弟子と話がしやすかったことと、稽古時間の中に朝稽古もあるということで、私自身の生活のペースにあうなあと思って入門しました。
毎回の稽古で話をしてくださる黒木先生の言葉には感銘を受けました。
「普通の人は凡人である。だから天才とは違う。毎日の積み重ねが大事だ。」
「あなたも"道"に入ったのですね。これからの築いていく道が楽しみですね。」
・・・など、たくさんの心に残るお言葉をいただきました。

Q3. 都城合気道錬成会の雰囲気や特徴は?

みなさんとっても素敵な方ばかり。 稽古も楽しいですが、稽古が終ったあと雑談が大好きです。 アットホームで、まるで家族のようです。

 


Q4. 合気道をやって良かったと思うことは?

自分自身の生きていく道を合気道を通して見つめていくことができることの幸せを感じています。合気道も大好きですし、兄弟子たちも大好きです。

 

05. 今後の目標など。

 

段をとっていくということも目標ですが、合気道を通して、実社会での自分の動きにミスがないように周りが笑顔と元気に なってもらえるプロの芸人になるための修行の場にしていきたいと思っています。


Q6. 入門を検討されている皆さんへメッセージを

一緒に道を極めていきたいですね。そして家族のようにみんなで精進してよりよい社会人として成長していきたいです。 みなさんのお越しを心からお待ちしております。